FC2BBS

374406
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

藤井四段 - 杜の都人

2017/05/14 (Sun) 19:55:26

藤井四段の駒の乱れが気になります。
師匠なりが指摘すれば良いと思いますが、歴史に残る棋士になるだけに、少し残念な気がします。

第4回 河北オープン団体戦 暫定リーグ表提示について、 - 宮城県連

2017/05/12 (Fri) 20:40:53

6月25日(日) 於:東京エレクトローンホール宮城 

第4回 河北オープン団体戦 

前回参加チームを参加暫定としたリーグ表をトップページへ掲載しました。
継続参加もしくは、今回不参加並びに新規参加希望チームの通達宜しくお願い申し上げます。
<最終締め切り6/10、但し、リーグ定数埋まり次第締め切りとさせていただきます。>

団体戦要綱 差し替え - 宮城県連

2017/05/10 (Wed) 09:39:56

先般、一部へ「第4回河北オープン団体戦 要綱」を送信しましたが、中身が「第2回」となっておりました。失礼致しました。

あらためて、トップページ掲載参照で宜しくお願い申し上げます。

最後まで観戦していた中高校生達 - 加部 康晴

2017/05/07 (Sun) 22:14:22

アマ竜王戦県大会決勝は17時30分開始。殆どの参加者が熱戦を観ることなく、会場を後にするのが常なる光景であった。しかし今回は、中学生の笹原君が決勝進出とあってか、十数人が居残っての観戦が見られ、中でも、中高生有段者数人が食い入るように観戦する姿は印象的であった。また頼もしくも感じた。
こうした情熱は必ずや糧となり昇華するものである。きっとこの子達は、笹原君に刺激を受けたであろう。また心中奮起したことであろう。そんな心内がはっきり見て取れた。そして皆の表情を見ていると、近い将来、笹原君に続く活躍が約束されているような気がした。

それにしても、本大会での笹原君の活躍は殊勲もの。将棋の内容にも光輝くものがあった。そして何がどうあれ、結果を出したことは見事であった。

大会結果 - 宮城県連

2017/05/07 (Sun) 21:18:08

第30回 アマ竜王戦県予選

<参加36名> 敬称略

優 勝   笹原駿佑 ※初優勝
準優勝   星宮 謙
ベスト4   小菅将斗  枝国純一

笹原君が中学生初のアマ竜王戦全国大会県代表を制した。


第28回 宮城県連一般大会

<参加42名> 敬称略

A 級
優 勝   郡山 恵   宮瀬賢伸
第三位   中野目和馬


B 級   
優 勝   金井佑二郎
準優勝   鎌田洋彰   大内 誠


東北学院中.高将棋部員11名の参加により、午後の大会としては大台の40名超と盛会となった。
新人(大会初参加)の活躍が目立ち、新しい波が顕著に表れていた。

今日の道場 - 杜の都道場

2017/05/06 (Sat) 18:52:54

今日は教室休講の道場のみ。連休とあっていつもより少な目であったが、それでも有段者/級位者とバランスよく対局が組まれていた。

一昨日の高校選手権県大会で、中野目和馬が優勝。2月の小学生名人戦県大会優勝の及川武悠に続き、道場勢が小.中.高大会2連続優勝とした。
またアマ竜王戦福島県北予選では、堀内柾希(中1)が代表の座を射止めている。更に遡って、佐藤陽香(高3)が静岡県開催の高校女子選抜戦で準優勝を果たしている。
5月より仙台へ転居してきた中1の宮瀬賢君(中1研修会員)も加わり、道場勢だけでも中学生有段者が手厚くなってきた。28日の中学選抜県大会が俄然面白くなりそうだ。


5月7日大会 - 宮城県連

2017/05/05 (Fri) 12:40:33

5月7日(日) 会場  東京エレクトローンホール宮城

◎ 第30回 アマ竜王戦宮城県大会

9時30分~受付 10時開始。

試合形式  
予選 2勝通過 
本戦 2敗失格。前回上位2名シード&予選通過者によるトーナメント戦

優勝:全国大会県代表権 6/11開催 東北六県大会予選特別シード権
入賞: ベスト8以上

参加料:2000円 <昼食付>



◎ 第28回宮城県連杯一般大会  
12時~受付  13時開始。

A級:有段者  B級:級位者  点数制4対局リーグ
入賞:各クラス上位6名
参加料: 1000円


早指し大会~指導対局~解説会 - 加部 康晴

2017/05/05 (Fri) 12:26:43

昨日午後より、早指し大会からはじまり、指導対局~解説会が行われた。
指導対局及び解説棋士には、高田尚平七段が来場。高田七段は故荒巻三之九段門下であり、私とは兄弟弟子の間柄にある。
そんなわけで、気心知れた弟々子との再会も感慨深いものがあった。

早指し大会は、トーナメント方式で15分切れ負けルールで行い、1回戦敗退者は敗者復活トーナメントへまわり、最終的に6名が6名入賞。
指導対局は10数名が受け、解説会は名人戦第3局の後、注目の藤井四段の実戦解説も行われた。
解説会終了後、10名に高田七段揮毫の色紙が贈呈された。

特別早指し大会 指導対局 名人戦解説会開催のお知らせ - 宮城県連

2017/05/02 (Tue) 17:25:43

明後日4日(祝.木) 於、朝日仙台ビル(朝日新聞社仙台総局)

13時~ 特別早指し大会 15分切れ負けトーナメント
A級:有段者  B級:級位者 ※敗者復活トーナメントあり、
入賞ベスト4以上 敢闘賞あり、
参加料:500円

14時~ 高田尚平六段 他による指導対局
<大会参加者途中敗退の希望者>


16時30分~ 第75期名人戦第3局解説会 <無料>


以上、企画実施致します。奮ってのご参加期待申し上げます。


Re: 解説会追記 - 宮城県連

2017/05/03 (Wed) 22:23:58

明日の名人戦第3局解説会とのダブルヘッダーとして、
当日行われる 新人王戦 藤井聡四段VS横山大輝アマの模様を実況します。

早指し大会~指導対局~解説会と、大いに楽しんで戴きたいと思います。

どうか宜しくお願い申し上げます - 加部 康晴

2017/04/29 (Sat) 22:57:09

将棋欄に気を留めて戴き感謝外なりません。
今年に入って以降の将棋欄については、意向に沿ったのも事実ですが、以前より、私自身も幅広い執筆者の個性なりが紙面の活性化に繋がることを望んでました。またそれを今後の指針としたいし、尚且つ、書き手を育てることも在るべき姿と捉えておりました。
執筆者の記述については、各自の真摯と苦労が原稿段階から滲み出ていて、それなりに巧く纏め上げていると評価できます。

今後、「紙面が将棋欄で持ってる」と云われるような存在になるよう、執筆者それぞれが創意工夫を凝らす中身を目指す所存です。
どうか宜しくお願い申し上げます。

Re: どうか宜しくお願い申し上げます - 杜の都人

2017/05/01 (Mon) 15:30:22

加部さんからご返信いただき大変恐縮です。
また私個人の勝手な思いを書き込んだこと多少乱暴であったかもしれず、申し訳ございません。
将棋欄に対する加部さんの思いを知り、広深遠なる加部流「引きの美学」を感じ入り敬服した次第です。

Re: 心中察するに余ります。 - 愛読者

2017/04/30 (Sun) 14:01:54

加部さんの誠意と気遣いある書き込みには、余人には知られざる心中の葛藤が垣間見れるようで、そんな大人の対応が文脈からも察するに余りあるものを感じました。こうした記述ひとつとっても、何となく心に響かせるものがあり、そんなところが読者を魅了させる資質のような気がします。

私個人としても、加部さんの流れるように読ませてくれる才ある記述に期待感を抱くひとりですが、書き手を育てる大義は尊いものと理解にも及びます。
それもまた楽しみとしたいと思っております。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.